インフォメーション

2022 / 07 / 14
21:22

中之条ビエンナーレ応募理由

A3565B6B-C34C-414F-9A80-95D979693048.jpegハート形土偶を生み出した縄文の故郷である中之条ね、神聖に守られてきた米作りや養蚕、民族行事や祭事という文化には、縄文から続く空風火水地の五元素からなる自然の知恵を感じました。

私たち3人のユニット「結人」は、群馬県赤城山麓の遊民谷という平和と自然を現代によびさます「ネオ縄文」をテーマにした場を通して出会い、

縄文の智慧を体験して学びながら、サスティナブルな場を作り、社会派アーティスト、舞踏家として共に表現をしています。

「結人」のネオ縄文エネルギーと、中之条の自然や文化を混ぜ合わせ、新たな中之条縄文アート表現を産み出し、地域とアートが共存していた縄文時代を呼び覚ましながら、中之条ビエンナーレを愛し来場される多世代多国籍の方々と魂の交流を楽しみたいと考え、応募することにしました。

2022 / 07 / 14
18:02

中之条ビエンナーレへの想い

3E00CCC8-5B6E-454D-80E8-ACB2921E1DEA.jpeg

群馬県の中之条ビエンナーレに熱い想いを持っている結人

ネオ縄文空間を作り出したいと想いが一致した

空間を自然のエネルギーで満たす石井悦子と

縄文の叡智をデザインに落とし込み絵やオブジェやシルクスクリーンを使った表現で立体にしていく牛嶋浩美

見えない神々のエネルギーを舞踊によって空間に映し出す美醜の舞の映像

古いのか新しいのかわからなくなるくらい神聖な日本のエネルギーを表現したい気持ちで一致した

 

 

2022 / 07 / 14
12:28

結人 ユニット結成

F2B8E7A3-28E5-436D-A7B2-F273553FEFBD.jpegネオ縄文ユニット 結人が結成されました

 

ネオ縄文の場を作る 遊民谷企画 石井悦子

アートでメッセージをつくる 社会派アーティスト 牛嶋浩美

舞踊の神域から 神々のエネルギーを紡ぎ出す 美醜

 

3人が結ぶ人となり

古代から守られてきた叡智を表現していきます

 

1
Today's Schedule